2006年01月14日

ヘッドホン等

今日はヘッドホンと携帯プレイヤーについて
HD600.jpg
ヘッドホンはゼンハイザーのHD600を使用しています。ヘッドマスターと組み合わせて使えば最強?です。HD650が出てしまったのがちょっと悲しいです。

次は携帯音楽プレイヤー
HIMD.jpg
SONYのHi-MDウォークマン1号機MZ−NH1です。Hi-MDはなんだかマイナーな存在になっていますが、1GBのディスク(Hi-SPで約8時間録音可能)が700円位、普通のMDもフォーマットし直せば300MBになり、コストパフォーマンスが高いと思います。またリニアPCMでの録音にも対応しています。

次はイヤホンについて
ER4P.jpg
Etymotic Researchの「ER-4P」です。ER-4Sと迷いましたが、携帯プレイヤーでの使用を考えるとER-4Pで正解だったようです。(ER-4Sだと音量が出せない)
ER-4S相当にするアダプタも購入済みです。音はそんじょそこらのイヤホン、ヘッドホンとは比較になりませんが見た目は。。。

今回はこのへんで。
posted by たーちー at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ・ビジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

シアター部屋 スピーカー編

今回はシアター部屋で使っているスピーカーについてです。
スピーカーはメイン(R,L)、センター、リア(R,L)、フロントエフェクト(R,L)、サブウーハーの8個です。
まずメインスピーカー
MATRIX801.jpg
B&WのMATRIX801S3です。以前同じくB&Wのノーチラス802が欲しくてどうしようか悩んでいた時に手頃な値段?で売っていた中古の物を購入しました。これをPA02で駆動して音量をかなり大きく出すとすばらしいスケールの音がします。(我が家は田舎なのでガンガンに音を出しても大丈夫だったりします。)でも最近はAX1のパワーアンプで鳴らしちゃってます。

次はセンタースピーカー
SA6C.jpg
パイオニアのS-A6Cです。昔使っていたメインスピーカーS-A5と一緒に購入しました。メタルラックを使ってテレビの上部に置いています。
これは重さが20kgありまして、以前はブラウン管テレビ:80kg、MATRIX801:54kg×2、S-A6C:20kg、AX1:28kgが集中して置かれているというとんでもない状態でした。(床がミシミシいってました。。。)

次はリアスピーカーです。
SA4.jpg
パイオニアのスピーカーS-A4スピリットです。以前はKEFの105をリアで使っていましたが、どうも私の感覚ではとりあえず鳴っていれば良いという感じだったのでこのような小さいものになっています。配置の関係で微妙にサラウンドに違和感があります。

次はフロントエフェクトスピーカーです。
screen.jpg
パイオニアのS-A3LRです。これは天井近くに配置してあり、映画を見るときに空間の広がりが感じられます。写真には巻き上げ式スクリーンも写っています。

最後にサブウーハーです。
YSTSW800.jpg
ヤマハのYST-SW800です。これは能力は申し分ないのですが・・・映画でよっぽど低音を響かせたいとき以外はMATRIX801で十分低音が出ているので使いません。現在はプリンタ台と化しています。。。

今回はこれでおしまい。
posted by たーちー at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ・ビジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

シアター部屋 映像機器編

次はシアター部屋の映像機器についてです。
TV.jpg
ビクターの液晶テレビ「LT-37LC60」です。37インチでD4入力まで対応しています。
以前は36インチのブラウン管を使っていたのですが死ぬほど重くて家族に床が抜ける!!と心配されてました。。(この部屋は2階です)それにしても液晶はびっくりするほど軽いですね。
最近はXBOX360をD4で繋いでますがすごく綺麗です。
フルHDのディスプレイが欲しいけどまだちょっと手が出せない値段ですね。
ELPTW100.jpg
次はエプソンの液晶プロジェクター「ELP-TW100」です。
これはエプソンの家庭用プロジェクター1号機なので少し古いですがD4まで対応しています。
こちらもフルHD入力のものが手頃な値段になったら買い換えたいところです。
狭い部屋ですが、70インチくらいの大きさで投影出来るので映画をこれで見るとまさに劇場という感じです。

今回はこのへんで次回はスピーカーについて書いていきたいと思います。
posted by たーちー at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ・ビジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シアター部屋 プレイヤー・アンプ編

今回はシアター部屋の機器についてです。
まずプレイヤーとアンプですが、
AX1.jpg
写真下がこの部屋のスピーカーをドライブしているYAMAHAのAVアンプ「DSP-AX1」です。これはAAC対応済みです。28kgもあるのでアップグレードでYAMAHAへ送ったりする時大変でした。。。
その上にあるのはSONYのSACDプレイヤーSCD-XA333ESです。マルチチャンネルでSACDが聞きたいときはこれを使っています。SCD-777ESと比べると読み込みは速いですね。
DVHRD2.jpg
次はシャープのデジタルハイビジョンレコーダー「DV-HRD2」です。
これはハイビジョンを劣化させずにハードディスクに保存することが出来ます。しかし容量が160GBしかないので不足ぎみです。またDVDをD3にアップコンバートして出力させることも出来ます。

この他に写真は撮ってませんが、パイオニアのDVDプレイヤー「DV-S733A」とパナソニックのD-VHSデッキ「NV-DH1」があります。
DV-S733AはSACDのマルチとDVDオーディオを再生可能です。また海外モデルなのでリージョンフリーとなっています。しかし最近はDV-HRD2を使うことが多く、出番がありません。
NV-DH1はハイビジョン録画が出来るのですが、やはりテープメディアなので敬遠しがちです。DV-HRD2がいっぱいになってどうしようもなくなったらこれにムーブさせます。
posted by たーちー at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ・ビジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ピュア・オーディオシステム

今回はピュアオーディオ用の機器について書いてみたいと思います。
pure_system.jpg
まずスピーカーですが、KEFの105/3Sです。最初はシアター部屋のリアスピーカーとして使っていたのですが、なんだかもったいない気がしてきたのでピュアオーディオを独立させ、メインスピーカーに昇格しました。
SACD再生に対応させるため、JBLのUT-025を追加しています。これは見た目が105/3Sにマッチしていてなかなかよさげです。
pure_SP.jpg
次はプレーヤー、アンプについて
pure_DRIVE.jpg
写真の下から説明します。
まず一番下はマランツプロフェッショナルのパワーアンプ「PA02」です。これは元々現在シアター部屋のメインで使っているスピーカーをドライブするために購入したものです。
真ん中はSugdenのヘッドホンアンプ「ヘッドマスター」です。これはプリアンプとしても使えます。
そして一番上はSONYのSACDプレイヤーSCD777ESです。SCD-XA333ESを持っているのですが、SCD-1とほとんど同じ物というところで気になっていて、いい感じの値段で売っているのを見て衝動買いしてしまいました。(全然後悔してませんが)
SCD777ES.jpg
こいつは光学固定ユニットを積んでいてディスクの読み込みがかっちょいいです。読み込みが遅いところも雰囲気があってまた良しです。
posted by たーちー at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ・ビジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。